出産準備!茨木市内で利用できる陣痛タクシーはどこ?

出産準備のひとつに「陣痛タクシー(マタニティタクシー)」の登録というのがあります。

今年出産したのですが、初めて「陣痛タクシー」というのを聞いたのでびっくりしました。

で、そこで気になったのが、

陣痛タクシーってそもそも何?
茨木市で利用できる陣痛タクシーってあるの?
どういう流れで利用するの?ってところが気になったので、

その部分を体験レポします!

陣痛タクシーとは

破水や陣痛で病院に向かうのに利用できる「陣痛タクシー」。

事前登録をしておけば、24時間365日対応してくれます。

いざという時のために、事前登録は無料でできるので、ぜひやっておきましょう!

※もちろん、定期検診の利用もできます

茨木市内で利用できる陣痛タクシーは?

茨木市内で利用できる「陣痛タクシー」は・・・

国際興業大阪タクシーの「陣痛タクシー」
http://www.kkg-osaka.jp/jintsu/pc/

茨木市内の思いつくタクシー会社に問い合わせてみたところ、
「休日、深夜は営業していない」「陣痛のきている妊婦を乗せれない」との回答。

なんと!24時間どこのタクシー会社でも乗れると思っていたのでびっくりしました。

そんな中で、「陣痛タクシーではないけれど、陣痛中でも利用OKですよ」と答えて頂けたのが、

「茨木高槻交通」
https://loco.yahoo.co.jp/place/g-93DlWtEQMTI/(YAHOOロコより)

タクシーが濡れないように、ビニール・タオル持参でとのことでした。(これは国際興業大阪タクシーの「陣痛タクシー」でも一緒です)

実際「陣痛タクシー」利用してみたよ

実際、出産の時に、国際興業大阪タクシーの「陣痛タクシー」を利用しました〜!

利用の流れはこんな感じ▼

国際興業大阪タクシーの「陣痛タクシー」のHPから事前登録。

・名前
・住所
・出産予定日
・お産する病院

などを登録しておくので、
利用する際に、病院の住所、行き方などの説明をしなくていいのでスムーズです。

登録が終わると登録完了メールが届きます。

あとは、トキを待つだけ・・・・

そして、「あれ?なんか痛いかも・・」というトキがきた!!ら、

病院から「きてください」という神の声。

利用料金は通常料金にプラス送迎料金のみ。
私が利用した時は、いつものタクシー代に+500円くらいだったような。

ちなみに、陣痛を測るのにアプリを利用すると便利です。
ちなみに私が利用したのは、「陣痛きたかも」アプリです。ただ単にタップするだけで、記録されていくので簡単でしたよ〜。

おわりに

私は妊娠37週、陣痛タクシーを登録した数時間後に陣痛がきて、その日に出産となりました。ギリッギリ!!

事前に登録してあるので、運転手さんとのやりとりがスムーズ。
切羽詰まった陣痛時に、冷静に、病院名や病院の行き方なんてのも説明しなくてもよかったので、安心して病院に向かうことができましたよ〜。

臨月に入る前からでも登録できるので、登録は早めにしておくと安心ですね。

国際興業大阪タクシーの「陣痛タクシー」
http://www.kkg-osaka.jp/jintsu/pc/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です